↑ここのトップ絵描いてくれる人募集!Aboutより連絡お願いします!


クラメン募集中!ブログから人が集まるクランです。

Youtube実況始めました。
youtube実況

シェアありがとうございます

アリーナ3~4で強い!ガーゴイルの群れとスケルトン部隊を組み合わせた編成

アリーナ3~4

アリーナ3~4で強いユニットに「ガーゴイルの群れ」がいます。

  • 相手が空中ユニット対策をしていない
  • そもそもベビードラゴンやテスラを持っていない

上記の理由から、空中ユニットであるガゴの大群が猛威を振るいます。

コスト5でガゴが6体集まって召喚されるものですが、対策しないと一瞬でタワーが落とされてしまう攻撃力を持っています。

しかし矢の雨で対策されてしまうとコスト3で処理されてしまうため、なかなかタワーまで辿り着けません。

そこで今回は対策の対策をする編成をご紹介します。

※多くはアリーナ3までに入手できるユニットで編成されていますが、ガーゴイルの群れだけはアリーナ4でアンロックとなっており、入手していなければ普通のガーゴイルで代用しましょう。

アリーナ4~5についてはこちら。

アリーナ4〜5でおすすめのデッキ編成!防衛施設2個積みで堅実に守る
アリーナ4(P.E.K.K.Aシアター)は必要トロフィー1100〜1399で、このあたりから敵の動きも洗練しだし、さらにレベルの高い...

矢の雨を使われた直後にガーゴイルの群れで速攻を仕掛けるデッキの攻め方

ガーゴイルスケルトンの大群デッキ

こちらのデッキの特徴をざっくり解説します。

多くの相手は編成に矢の雨またはファイアボールを編成していることが多く、スケルトン部隊やガゴの群れは一瞬で殲滅されてしまいます。

しかしそれを逆手に取った戦略で、

  1. (自分)スケルトン部隊を投入
  2. (相手)矢の雨で殲滅
  3. (自分)直後にガーゴイルの群れを出す

この順番でユニットを出すことで、相手の手札の中から対策カード(多くは矢の雨・ファイアボール)がない状態で脅威を発揮するガーゴイルの群れを投入できます。

さらにガゴの群れまでも防衛設備などで対策されてしまった場合、樽ゴブリンを投げることでタワーを削ることができます。樽ゴブリンも対策カードは矢の雨が一番相性が良いため、相手は対応しきれません。

このように事前に対策カードを使わせることで、対策されると弱くなる一方で強力なユニットを活躍させることができます。

このデッキの特徴

それでは、各ユニットの動きを細かくみていきましょう。

ボムタワー

ボムタワー

自軍中央に設置することで敵ユニットを引き寄せることができる便利な設備。

もちろん、範囲攻撃で防衛もしてくれるので、特に小型ユニットの群れやバーバリアン対策となる。

体力もありアリーナ3、4では大活躍の防衛設備である一方、空中には攻撃しないことが弱点。

バーバリアン

バーバリアン

コスト5でバーバリアンを4体召喚することができる。

体力もそこそこあり、壁ユニットとして使うことができる。さらに呪文との相性もよく、レイジやフリーズとも組み合わせて使える。

防衛ではプリンスを受けたり、様々な使い方ができる万能ユニット。

ファイアボール

ファイアボール

アリーナ3~4では小型ユニットや小屋(ハット)ラッシュが使われることが多く、その対策に使える。

さらに敵のバーバリアンやネクロも攻撃することでHPを削ることができる。そういった使い方をする場合には、敵ユニットと同時にアリーナタワーも射程に入れられると良い。

ゴブリンバレル(樽ゴブリン)

樽ゴブリン

相手が矢の雨を使った直後や、エリクサー切れのタイミングを狙って使う。

もし持っていなければロケットなど、直接相手のタワーを攻撃できるカードで代用可能。

こちらも参考に。

樽ゴブリン(ゴブリンバレル)の上手な使い方5つ!投げる位置と投入タイミング
樽ゴブリン(ゴブリンバレル)の特徴は以下の3つです。 アリーナ1からアンロック アリーナのどこへでも投入できる ...

スケルトン部隊

スケルトン部隊

できれば単体ではなく、ベビードラゴンやプリンスと組み合わせて使うと良い。

さらに防衛時には相手のプリンスやジャイアントを自軍まで引きつけてから投入すれば、一気に囲んでより多くのスケルトンでダメージを与えられる。

ベビードラゴン

ベビードラゴン
序盤には体力もあり対策が難しいユニット。

どの編成と組み合わせても使える万能空中ユニット。

攻撃時には、ボムタワーや地上攻撃ユニットなどを狙う。

ガーゴイルの群れ

ガーゴイルの群れ

HPは低い一方攻撃力が高く、相手のタワーに張り付ければ大ダメージを与えられる。

ボムタワーには一方的に攻撃可。

もし持っていればフリーズと組み合わせて使うのも相性が良い。

プリンス

プリンス

相手の隙をついて反対の道から出すなど、奇襲が得意。

タワーに対する突撃ダメージが2倍のため、相手は必ず対策カードを出す必要に迫られる。

相手が対策カードを出せばそれだけエリクサーを使わせることもできるので、もう片方の道で押し切れないときなどに左右にプリンスを振ることで硬直状態が打開できる。

アリーナ3~4で使えるガーゴイルの群れとスケルトン部隊を組み合わせた編成まとめ

アリーナ3~4では空中対策が重要です。

上記の編成のカードを持っていない場合でも必ず何かしらの空中対策カードを編成しておくことで、相手よりアドバンテージが得られるかもしれません。

スポンサードリンク

関連:

ベビードラゴン・ガーゴイルなど空中ユニット対策のポイント5つ
クラロワをやっていて、空中ユニット対策は必須だと早々に気づかれている方も多いかもしれません。 地上ユニットだけの編成では空中ユ...