↑ここのトップ絵描いてくれる人募集!Aboutより連絡お願いします!


クラメン募集中!ブログから人が集まるクランです。

Youtube実況始めました。
youtube実況

シェアありがとうございます

レジェンドアリーナを目指す時におすすめの最強ホグデッキ!「勝てなくても負けない」バトルをすべし

ホグライダー

トロフィー3000、レジェンドアリーナまで到達すれば満足!という方も多いのではないでしょうか。

しかし門番も待ち構え、なかなか最後の1勝ができない…とデッキ編成に悩むもの。メインデッキを弄っているうちにトロフィーが急落しだすこともよくありますよね。

※門番:ユニットレベルが高いがプレイスキルが追いついていないがために下層に居るパワー系の方々。負けると悔しい

今回はトロフィー3000を目指す方向けに、おすすめのデッキ編成を1つだけご紹介します。

1つだけに絞る理由として、トロフィー3000手前だとどうしてもカードレベルの関係で組めるデッキが少なく、スーパーレアやウルトラレアカードが揃いにくいために、比較的作りやすくて本当におすすめのデッキだけご紹介しようと考えたためです。

トロフィー3000を目指すために使えるデッキ

トロフィー3000デッキ

安定のホグデッキ。ロイジャイ・迫撃砲と並んで無課金に優しい代名詞ですよね。このデッキは世界ランク1位(トロフィー5300オーバー)の人も使うほど完成度が高いデッキで、クラロワTVでも度々見かけます。

スーパーレアの呪文が2つ編成されていますが、呪文は低レベルでもユニットに比べて使えるため、入手さえできていれば使えるデッキです。

なぜ今このデッキなのか?

防衛設備が全体的に弱体化し、ホグに対する対処がユニットで行われることが多くなりました。つまりホグがタワーに到達しやすくなったといえます。

ホグに対する対処ユニットを固めることで、タワーを叩く時間を長くしてダメージを蓄積&さらに防衛でのフリーズで「負けない」戦いがしやすいためにこちらのデッキをおすすめしています。

このデッキの攻め方

  • 初手にエリポンがあれば設置
  • 初手に呪文2つなら待つ
  • 初手にそれ以外ならキング後ろからユニット
  • カウンターでババ+ホグ

初手にエリポンがあれば設置

初手にエリポンがあれば、迷わず設置。
エリクサーが9以上貯まったら置きます。

初手に呪文2つなら待つ

相手の出方をまず伺う。
相手がエリポンを置いたらホグ→同じタワーにポイズンでタワーの攻撃を遅らせつつ攻撃をしましょう。

エリポンにポイズンホグ
▲タワーとエリポンを巻き込みつつポイズン→ホグ

あまりコストをかけすぎて攻めてもカウンターが怖いので、この段階ではやや引き気味で。

初手にそれ以外ならキング後ろからユニット

ホグを最初から突っ込ませて相手の対処ユニットを把握しておくのも大切ですが、ホグ単体で突っ込ませるのはやや勿体無いです。

まずはタワーの後ろからアーチャーやナイトなどで様子を見つつ、相手が全力で攻めてきたら防衛のフリーズも使い対処します。

カウンターでババ+ホグ

防衛でバーバリアンの体力に余裕がある場合には、ホグでババの後ろから押してユニットを加速させます。

バーバリアンがあっという間にタワーに到達する速攻攻めが可能!

対ラヴァの場合にはいきなり逆サイドからババ+ホグ攻めもおすすめ。

対ラヴァ
▲逆サイドから攻めることで防衛にエリクサーを使わせ、ラヴァの支援をさせない!

防衛フリーズの威力

防衛ポイズン
▲相手が高コストをかけて攻めてきたら自軍に引き入れた段階で防衛フリーズ。防衛フリーズの強みは4秒間の間にエリクサーを貯められるので、その間にババなど防衛に優れたユニットが出せるコストが貯められる。

防衛フリーズババ
▲フリーズ中に貯めたエリクサーでババを投入!これで守り切る。

苦手ユニット

もちろん、このデッキにも弱みはあります。
特に以下のカードが編成された相手

  • オーブン
  • ボーラー

この場合には、ババでのカウンターが決まりづらいため、決定打に欠けたバトルを余儀なくされます。

引き分けに持ち込むのも一つの手!

レジェンドアリーナを目指すデッキまとめ

私はこのデッキで直近10戦6勝0敗4分けという成績を残すことができました。苦手だったラヴァにも勝利することができ、満足です。

防衛フリーズを使いこなすことで、引き分けに持ち込めることが多くなります。そうすることでトロフィーが下がらないので、レジェンドにより到達しやすくなりますよ。

編成しやすいユニット&使いやすいデッキとなっているので、レジェンドを目指す人・既にレジェンドの人もぜひ使ってみてくださいね。

関連:

アリーナ8・9で活躍!ラヴァ・バルーンなど空軍デッキまとめ