↑ここのトップ絵描いてくれる人募集!Aboutより連絡お願いします!


クラメン募集中!ブログから人が集まるクランです。

Youtube実況始めました。
youtube実況

シェアありがとうございます

2代目ミニペッカ!?ランバージャックの使い方・編成・対策

ランバージャック

アリーナ7で解放されるウルトラレアカード「ランバージャック」。

強化されてさらに強くなったこのカードをどうやって活躍させればいいのか、もしくはどうやって対策すればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は使い方・対策・編成をご紹介します。

編成だけ見たい方はランバージャックのデッキ(ページ下部)までジャンプ

ランバージャックの基本性能

攻撃速度 0.7秒
攻撃対象 地上
ダメージ 200
移動速度 とてもはやい
配置時間 1秒
コスト 4

 死亡時、半径5マスに6秒間のレイジ効果、という恐ろしい能力が備わっています。

この能力により、ミニペッカとレイジのいい所を足して2で割ったような性能になっています。

ランバージャックを生かしておけば、攻撃が。ランバージャックを倒せば、レイジが。と、いったように防衛や攻め、どちらにも使うことができる万能カードです。

ランバージャックの強み

  1. 対ゴーレム・ジャイ・ロイジャイ・ホグに強い
  2. 対小型ユニットにも対応可能
  3. 盾ユニットとして使うこともできる

対ゴーレム・ジャイ・ロイジャイ・ホグに強い

ジャイやゴーレムはクラロワの中でもトップクラスの体力を誇る盾ユニットですが、ランバージャックにかかればお手の物です。

ランバージャックの高い攻撃力と高い攻撃速度はジャイやゴーレムをアリーナタワーの攻撃も合わせておよそ10秒~15秒程で倒しきってしまいます。

ロイジャイやホグといった、出してからすぐにタワーにダメージが入ってしまうようなカード達にも使い方は同じです。

ホグならタワーへのダメージを2発に、ロイジャイは5、6発以内に抑えられます。

何より、これらのユニットはランバージャックを攻撃しません。なので、防衛に使ったランバージャックをそのまま攻撃に使えるというのもポイントですね。

対小型ユニットにも対応可能

ランバージャックと似たような性能のミニペッカが苦手とする小型ユニット。ですが、ランバージャックはとてつもなく速い攻撃速度を誇っているのでゴブリンやスケルトンといった小型ユニットも怖くありません。

この特性から、ジャイやホグの後続としてもとても優秀です。

盾ユニットとして使うこともできる

ランバージャックは800というそこそこ高いHPを持っています。高い攻撃能力と合わせて、ランバージャックを放置するとタワーに1000程のダメージが通ってしまいます。

相手はできればダメージを受けたくないので当然、防衛してくるはずです。ランバージャック単体ならそこで終わってしまいます。ですが、ランバージャックを盾にして後続のユニットを付けてあげると、どうでしょう。

ランバージャックが倒されれば、死亡時効果のレイジが発動します。後続が強化されて相手は処理に困るはずです。しかし、ランバージャックを倒さなければダメージがタワーに、という状況を作ることができます。

ランバージャックを使ったデッキ

ここでは、オススメのデッキを紹介します。

ゴーレムランバー
ゴーレムランバー
▲ゴーレムの破裂ダメージが空中にも届くように上方修正がされたため、現環境ではゴーレムがかなり強い。さらにスケルトン軍団やガゴ群れと穴掘り師との組み合わせ対策として、矢の雨などスペルを3つ編成している。

ジャイポイランバー
ジャイポイランバー
▲ジャイポイにランバーを加えた編成。現在はポイズンが弱体化され、使われることが少なくなった。プリンスやメガガゴが入れられることも多い。

三銃士ミラー
三銃士ミラー

ここのアイスウィズはマスケット、プリセンス、ディガーで代用可能。

ホグランバー
ホグランバー

高回転のデッキにエリポンを。ランバーの速さを活かして手数で勝負するデッキ。

スポンサードリンク

まとめ

ここまで、ランバージャックの強さや弱点を紹介してきました。このカードはウルトラの中でも扱いやすく強い部類に入ると、個人的に思います。なので、もしかしたら今後、弱体化してしまうかもしれません。

ランバージャックを持ってる人は是非デッキに入れて使ってみて下さい。

関連:

ゴブリンバレル(樽ゴブ)活用デッキ!超攻撃的な編成5つ