↑ここのトップ絵描いてくれる人募集!Aboutより連絡お願いします!


クラメン募集中!ブログから人が集まるクランです。

Youtube実況始めました。
youtube実況

シェアありがとうございます

フリーズの効果的な投入位置はここ!さらにフリーズに効果的なユニット編成を考える

フリーズ

フリーズはエリクサーコスト4で使える呪文(スーパーレア)です。

効果的はユニットや建物を一定時間「停止」させ、移動も攻撃もできなくさせます。

解禁はアリーナ4(P.E.K.K.Aシアター)からですが、スーパーレアなため入手がやや難しいかもしれません。

もし入手できた場合には、強力な呪文となることは確実。そこで今回はフリーズについて考察していきます。

フリーズの基礎データ

効果半径:3

レベル 停止時間
1 5秒
2 5.3秒
3 5.6秒
4 5.9秒
5 6.2秒
6 6.5秒
7 6.8秒
8 7.1秒

レベルを1あげるごとに0.3秒効果時間が長くなっていきます。

レベル1でも5秒停止できるので、積極的に使えるカードだと思います。

この位置が効果的!フリーズの投下場所

フリーズ投下の位置

画面左上のこの位置に投下すれば、キングタワー・アリーナタワーの両方をいっぺんに固めることができます。

条件として、どちらか一方のタワーを落とした状態でキングタワーは攻撃を開始するので、相手の残りタワー1・キングタワーがある状態で使えるテクニックです。

フリーズのタイミング

  1. タワー付近で使う
  2. 相手のユニットが投入されたのを確認してから使う

こちらのフリーズの方が相手が対応ユニットを出したタイミングより早ければ、相手のユニットが固まらず、それだけ短時間の攻撃で終わってしまいます。

じっくりタイミングを見定め、相手がユニットを投入した瞬間を狙ってここぞというときに使ってみましょう。

中にはフリーズの対策をしてくる相手もいます。

フリーズでタワーをユニットを一緒に固められないように、後ろの方からユニットを投入してくる相手です。

そういった相手の場合、ちょっとタイミングをズラし、後ろのユニット(マスケット銃士など)が歩いてタワーと一緒に固められるところまできたら固めましょう。

タイミングが遅すぎてホグライダーがやられてしまう場合もよくあるので、そのときは無理せずスルーします。

スポンサードリンク

フリーズにはどのユニットを組み合わせる?

攻撃面・防衛面のどちらでも活躍するフリーズ。

今回はその両方から考えていきます。

攻撃面

建物優先攻撃のユニット(ホグライダー・バルーン)や、突撃ダメージ2倍のユニット(プリンス・ダークプリンス)などと組み合わせて使うことで強力なアタックが可能です。

なぜならそういったユニットは攻撃が強力である一方、小さいユニットや建物で対策されてしまうので、一瞬の攻防が重要となるからです。

ユニットだけでなくタワーも同時に凍らせることで、一方的に攻撃することができます。

さらに小型ユニットとの組み合わせでタワーを攻撃する場合にも、効果的です。

小型ユニットは体力が少ない一方でフリーズで凍らせてしまえばタワーも削れる攻撃力はあるので、相手の隙をつくタイミングでタワーを固めれば効果的に削れる場合があります。

特にホグライダーと組み合わせた「ホグフリ」戦術がおすすめ。

ホグライダーにフリーズを使った攻め方のコツと対策9つ
アリーナ4(P.E.K.K.Aシアター)から解禁されるホグライダーに、フリーズを併せて使ったいわゆる「ホグフリ」という戦術があります...

防衛面

攻撃面の裏返しで、同様に建物が優先的に狙われるユニットで攻撃された場合に時間を止め、タワーや他のユニットが攻撃する時間を稼げます。

さらに、やむを得ずに他に防御で使えるユニットがない場合には、その他のユニット相手にも一時的に凍らせてタワーの損害を抑える、という使い方もできます。

意外とガーゴイルやゴブリンなどは攻撃力が高いので、矢の雨を編成していない場合にタワーまで辿り着かせてしまった場合などは、フリーズで凍らるのも手です。

フリーズのデメリット

  • 発動タイミングが難しい
  • タイミングを失敗してしまった場合、何もできずに大損(コスト4)する
  • 相手タワーでホグ・フリーズを使った場合、敵のユニットを倒せるわけではないので(フリーズで凍らせていたユニットは倒せなければ再び動き出す)、フリーズを使ったあとのコストが少ない状態にカウンターを食らう
  • ジャイアントやゴーレムなどの壁ユニットに対してはあまり効果的でない

上記のようなデメリットもありますが、相手よりもタワーを1つでも多く取ってやるといったような攻撃的なプレイヤーを目指せば、カウンターでタワーを落とされたとしてもリカバリーできるのではないかと思います。

自分の陣地内でフリーズを使えば、味方のタワーが敵ユニットを攻撃してくれるので、時間を稼ぐだけで殲滅できることもあります。

まとめ

フリーズは奥が深く、さまざまな組み合わせて効果的な攻撃・防御が可能です。一方で使うタイミングが難しいので、1秒遅れるだけでかなり結果が変わります。

ぜひ使い倒して、フリーズを上手く使えるようになりたいですね。

以上、フリーズの効果的な投下位置とユニットの組み合わせについてという内容でした。

関連:

フリーズにはホグライダーを組み合わせた編成がおすすめ。

これは真似したい!ホグとフリーズを組み合わせた編成17選
ホグライダーとフリーズを組み合わせて大打撃を与える通称「ホグフリ」。 その攻め方については前回の記事でお伝えしましたが、編成に...

コメント

  1. Olivia より:

    What a pleasure to find someone who ideiniftes the issues so clearly